FORWINEEDS株式会社

遺品整理っていつから行うの?始めるベストタイミングについて解説

メールでお問合せ

遺品整理っていつから行うの?
始めるベストタイミングについて解説

遺品整理っていつから行うの?始めるベストタイミングについて解説

2024/01/13

突然直面する大切な人とのお別れ。お亡くなりになってしまってから初めのうちはやることも多く中々行き着く暇もなく進んでいく故人様への対応。ふと一息付けたころに直面することが多いのがこの遺品整理ではないでしょうか。遺品整理を行おうにも、いつ頃始めたらいいのかと悩んでしまうケースはありませんか?今回は遺品整理を始めるタイミングについて詳しく解説していきます。

目次

    遺品整理はいつから行う?

    始めるのに適したタイミング

    葬儀後すぐに遺品整理を始めるパターン

    遺品整理を始めるタイミングとして考えられる一番早いタイミングがこの葬儀後すぐに始めるケースではないでしょうか。お葬式というのは一般的に、故人様が亡くなられた翌日に通夜式を行い、翌々日に葬儀と告別式を行うケースが一般的です。また、お亡くなりになられたことを7日以内に市役所に届け出が必要である為、ご遺族様の心の整理と葬儀の対応・役所への対応などで7日間はけたたましく過ぎ去っていくでしょう。その対応を終えられた後に遺品整理に取り掛かるケースが一番早いのではないでしょうか。故人様の遺品整理で急がなければならないパターンで考えられるのは、賃貸でお住まいになられていた場合や老人ホームなどの施設で過ごされていたパターンではないでしょうか。賃貸は言わずもがな解約するまでは費用が発生してしまいますし、老人ホームはホームごとの規約に定められた一定の期間以内に退去しなければなりませんので、このタイミングで行うことも多いのではないでしょうか。また葬儀のタイミングであれば多くの親戚が集まっているでしょう。遠方などに帰ってしまう前に遺品整理をみんなで行うことであらゆる判断がスムーズに進むケースもあります。

    役所などの手続きが終わったタイミング

    ご家族様や身内の方が亡くなってしまった場合に次に直面するのが、提出期限の定められている社会保険と年金の手続きをする必要があります。これらの申請は亡くなってから14日以内に届け出を行わなければならない物なので、遺品整理はこの申請が終わって一息つけるタイミングに始めるパターンでもいいのではないでしょうか。上記で述べたように故人様のお住まいが賃貸であったり老人ホームであった場合など早めの退去が必要な場合であれば、このタイミングから進めることで先延ばしにすることを防げるでしょう。

    四十九日法要の後に始めるパターン

    人が亡くなってしまった際、お葬式の次に皆様が集まることがあるのがこの四十九日ではないでしょうか。故人様の命日から四十九日目に行われる法要のことを指します。お葬式と同様多くの親戚の方が集まることも多い四十九日。所説ありますが、故人様が四十九日までは現世をさまよっていると考えられており、この四十九日法要で故人を弔うという一つの区切りとして考えられることが多いため、四十九日を境に遺品整理を進めるきっかけにすることも多いのではないでしょうか。お葬式のタイミング同様、親戚がたくさん集まっていることが多い四十九日。このタイミングで行うことのメリットとしては、遺品整理で問題となる分別の基準や相続などの問題に対して直接話し合いができる点です。もちろんこのタイミングでなくても確認をとって進めることはできますが、実際に目にして進めることでよりスムーズに遺品整理が進むのではないでしょうか。

    相続放棄ができる3か月以内までに

    故人様の遺産を相続する際に申し立て期限があるということをご存じでしたでしょうか?遺産相続はなんの手続きも行わない場合は全ての遺産を相続することになりますが、遺産相続を行いたくない場合や一部の遺産のみ相続したい場合は、亡くなられてから3か月以内に申し立てをする必要があります。この時、故人様にもし何らかの負債があった場合申し立てを行わずに全部を相続してしまうと、故人様の負債を遺族が引き継がなくてはいけなくなるのです。このような予期せぬパターンを回避するためにも、亡くなられた3か月以内に遺品整理を行い負債などの情報がないかを把握し、相続自体を検討する一つの判断材料にするのもいいかと思います。

    気持ちが落ち着くまでゆっくりしたっていいのです。

    様々な理由で遺品整理を急がれる方もいますが、別に必ずしも急いで遺品整理をしなければならないなんてことはないんです。賃貸契約で料金発生がされていたり、老人ホームなどの施設に入居されていた場合は別ですが、例えば故人様の持ち家で住まわれていた場合や同居をされていた場合などであれば、無理に急がなくても大丈夫。ご遺族様のお気持ちの整理がついていない状態で無理やり遺品整理を行うことほどつらいものはありません。必要に差し迫ったり、日がたつにつれて少しづつ前を向けるようになったご遺族様のタイミングで、少しずつ整理整頓から始めたっていいんです。遺品整理に必ずの正解はありません。大切な思い出を大切にともに生活したっていいんです。

    遺品整理のベストタイミングって?

    実際いつがスムーズなのかしら?

    ご遺族の気持ちが一番前向きになったとき

    お葬式の後のタイミングや四十九日の後のタイミングなど、様々なタイミングで解説を行っていきましたが、遺品整理のベストタイミングは?と聞かれたら『ご遺族様・遺品整理をされる方のお気持ちが一番前向きになったとき』ですとお応えします。急を要するケース(賃貸や施設入居など)を除き、あとはほとんどいつ遺品整理を開始しても何が変わるわけでもありません。お葬式や四十九日の親戚が集うタイミングであれば確かに確認作業などがスムーズにできますが、気持ちの整理もままならないのに無理やり進める必要はないのです。

    まとめ

    結論:気持ちの整理も大切です。

    様々なタイミングのパターンをご紹介してきましたが、皆様が実際遺品整理を行わなければならなくなってしまった場合に少しでも思い出して参考にしていただければ嬉しい限りです。もちろん急いで遺品整理を行わなければならないケースも大いにあるでしょう。賃貸で住まわれていらっしゃった故人様であれば早めに遺品整理を行って退去しなければ費用も掛かってしまいっぱなしですし、施設側からの退去期間を過ぎてしまえば迷惑をかけてしまうことにもなりますから。でも気持ちがついていくかどうかは別問題ですよね。そんな時は遺品整理のプロにもそのお悩みご相談ください。ご依頼主様のお気持ちに寄り添い的確に遺品整理を進めていきます。

    遺品整理の断捨離屋

    弊社はいつでもお待ちしております。

    遺品整理の断捨離屋では、お葬式後などの早急に撤去しなければならない遺品整理のご依頼はもちろん、何年も前からそのままとなってしまっている遺品整理でも1件1件心を込めて遺品整理へ伺います。故人様によってお片付けさせて頂く内容は違えど、全て大切な思い出である事には変わりません。誠心誠意敬意を払いながら遺品整理をと共にご遺族様たちのお心の整理のお手伝いもできればと思っております。ご相談はお気軽にご連絡下さい。埼玉県近隣地域にて誠実な遺品整理をお約束致します。

    ----------------------------------------------------------------------
    特殊清掃のフルサポート関東
    住所 : 埼玉県戸田市笹目5-16-3 シティハイツ101
    電話番号 : 080-3008-0980


    ----------------------------------------------------------------------

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。