FORWINEEDS株式会社

デジタル遺品を片付ける際に起こるトラブルって?遺品整理時の注意点について解説

メールでお問合せ LINEでお問合せ

デジタル遺品を片付ける際に起こるトラブルって?
遺品整理時の注意点について解説

デジタル遺品を片付ける際に起こるトラブルって?遺品整理時の注意点について解説

2024/01/24

こんにちは!遺品整理の断捨離屋です。さいたま市を中心に遺品整理のご依頼をいただき日々ご依頼者様の元へ訪問をさせていただいておりますが、その際にデジタル遺品についての質問を受ける機会があります。私たちのような遺品整理業者がデジタル遺品を取り扱う際は注意点などを把握している為特にトラブルにつながるケースは最小限にすることができるのですが、ほとんどの方はデジタル遺品の取り扱いを知っているケースは少ないのではないでしょうか。今回はご遺族様ご自身でデジタル遺品を遺品整理で取り扱う際に置きてしまうトラブルや、遺品整理時の注意点について解説していきます。

デジタル遺品って?

何を指すの?

デジタル機器およびネット上に残る故人様の情報のこと

デジタル遺品というのは、故人様が生前所持されていたデジタル機器はもちろんのこと、その内部に残る情報および、ネット上に残る故人様の個人情報などを含めたすべてのことを指します。パッと思いつきやすいものでいえば携帯電話やパソコンだと思いますが、ネット上に残る個人情報などは全て含まれるので注意が必要です。具体的に、故人様がネット上でどのサイトやアプリにどう登録したのかということは正確に把握することは困難です。ですのでできる限りわかる範囲でしっかりと調べ、見つけた場合は適切な方法で退会・削除を行うことが重要なのです。

デジタル遺品でのトラブル

しっかり対処してトラブルを防ごう!

ロック解除のパスワードが分からない

多くの携帯電話やパソコンにはロックの為にパスワードを設定している方がいらっしゃいます。このロック機能はご自身のプライバシーを保護するためにも最善の機能であると言えますが、ご自身が亡くなってしまったのちには、デジタル遺品整理を行う上ではとても厄介な物になります。皆様も、ロック解除のパスワードをわざわざ家族や知人に伝える事はあまりないのではないでしょうか。聞いたとしても、聞いた側もすぐに忘れてしまうことが多いでしょう。簡易的で想像しやすいようなパスワードにしている場合であれば運よくロック解除ができる事もあるかと思いますが、故人様がしっかりとセキュリティ保護でパスワードを設定している場合は中々ロック解除を行うことは難しいです。デジタル機器の遺品整理を行う上で一番難関かつ一番多いトラブルがこのロック解除に関する問題です。

故人の友好関係が分からず葬儀などの連絡対応ができない

いざ親族が亡くなってしまった際に様々な対応を行う中でお葬式などの段取りを進めていきますよね。その際、故人様が生前交友のあった方々への連絡をする際に、どのように連絡を取ればいいのかを悩むケースがあります。この時に一番手っ取り早い確認方法としては携帯電話の連絡先を参考にすることだと思いますが、上記のトラブルのようにロック解除が行えなかった場合には連絡する方法に悩むことになります。故人様の交友関係に詳しいような伴侶の方ですとかご家族の方がいれば少しはスムーズに進むかと思いますが、そういった情報を知っている人がいない場合は連絡する相手も連絡先も検討がつかなくなってしまいます。

QRコード決済などの残高対応ができない

上記トラブルのように携帯電話のロック解除ができない場合に起こりえるトラブルに、このQRコード決済などの残高確認や解約対応などを行うことができない問題が発生します。故人様がQRコード決済をしているのかしていないのか、はっきりと把握している場合であれば慌てることはないですが、生前もしかしたら利用していたかもしれない場合や念のため確認したいといった場合もロック解除ができないと確認することができません。QRコード決済の残高がたくさんある状態のままで諦めてしまうと大変な損害に繋がってしまう可能性もありますので注意が必要です。

有料アプリや定期購入の確認や解約ができない

故人様が生前に契約を行っていた有料アプリの有無や、定期購入の有無を確認しておかないと、解約対応をすることなく時間が過ぎて行き、使ってもいないのに料金支払いが継続してしまうというトラブルが発生します。中々、故人様が具体的に何をどう契約しているのかを把握することは難しいかと思いますが、契約のメールやクレジットカードなどの支払い明細を確認し把握できる範囲で確認を行いましょう。できるだけ早く対応することで無駄な支払いを防ぐことができます。

ネット口座の確認ができない

上記ケースのようにデジタル端末のロック解除ができない場合に、その端末上で開設したネット口座があった場合ですとしっかりと状況を把握したり対応に進める事ができずトラブルに発展してしまうケースがあります。ネット口座に預貯金が残っている場合は財産分与などの対象になる可能性もありますので注意が必要です。

最悪内部データがすべて消えてしまう

携帯電話のロック解除ができず、思い当たる番号をやみくもに繰り返し解除しようと試みてしまうと、徐々にロック解除までの停止時間が長くなってしまい、最終的には内部のデータが全部削除されてしまうことがあります。ロック解除のためのパスワードで思い当たるものがないのであれば、やみくもに解除を試みることでさらなるトラブルに発展してしまう可能性があることを認識しましょう。

デジタル遺品を取り扱う際の注意点

注意点を把握して適切な処置を。

生前整理などを行い自身の身の回りを整理しておく

デジタル遺品でのトラブル回避を行うためにも、そのデジタル端末を使用しているご自身が事前に生前整理で記録を残すなどの対応を行うことが大切です。ロック解除のパスワードを始め、何のサイトに個人情報を入力して登録しているか、有料契約のあるアプリや定期購入しているものがあるかどうか、ネット口座やQR決済の有無などをしっかりと記録しておくことで、いつか来るその時に、デジタル遺品を整理してくれるご遺族様たちがすこしでも負担を少なく処理ができるように書き留めておくといいでしょう。事前にいらないものは退会処理を進めておくことでご自身の不要な支払いを止める事もできますよね。

難しい場合は専門の業者に依頼を

生前整理などの形跡もなく、デジタル遺品の対処に直面した場合、どうしてもロック解除が出来なさそうな場合や生前の支払いや登録情報の確認などにご不安がある方は、デジタル遺品の解決に特化した遺品整理業者やデジタル遺品業者に依頼を行って見ましょう。デジタル遺品のプロに任せる事で思わぬトラブルから回避できたり、あらゆる可能性を教えてくれます。

まとめ

デジタル遺品はほとんどの方が持っています。

今の時代、ほとんどの方が何かしらのデジタル遺品を持っております。携帯でさえ一人一台の時代です。人はいつ亡くなってしまうかわかりません。いつ何時自分にもしものことがあった時、遺されるご遺族に向けて少しでも負担を減らすためにもデジタル遺品の整理を生前から少しづつ行っていけるといいでしょう。また、遺品整理時にデジタル遺品と直面した場合であれば少しでも事前にこのようなケースを知っていてくれれるだけで何かのお役に立てれば幸いです。しっかりとした対処を取る事で予期せぬトラブルに巻き込まれるリスクを最小限にできる為、ぜひ覚えておきたいですね。

遺品整理の断捨離屋

さいたま市を中心に遺品整理に尽力

遺品整理の断捨離屋ではさいたま市を中心に遺品整理のご依頼を受け日々ご依頼者様の元へお伺いさせて頂いております。故人様の大切にされてきたお品物、一点一点しっかりと心を込めて整理をさせて頂きます。また、ご依頼者様のご要望にも柔軟に対応いたしますので様々なご不安をご相談下さい。デジタル遺品の処理方法や、デジタル機器自体が見当たらない場合でもご相談頂けましたらその故人様のお宅の遺品整理中にしっかりと探し出します。ご相談はお気軽に♪

----------------------------------------------------------------------
遺品整理の断捨離屋
住所 : 埼玉県戸田市新曽南2-5-6 205
電話番号 : 090-6526-8777


----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。