FORWINEEDS株式会社

遺品整理を四十九日前に行うメリットはある?注意点と共に解説

メールでお問合せ LINEでお問合せ

遺品整理を四十九日前に行うメリットはある?注意点と共に解説

遺品整理を四十九日前に行うメリットはある?注意点と共に解説

2024/03/06

こんにちは!遺品整理の断捨離屋です。遺品整理をご自身たちで行う際、どのタイミングで始めたらいいかと悩むケースがあります。四十九日の法要を前に遺品整理してしまっても問題がないかという点について今回は詳しく解説していきます。遺品整理をはじめるにあたってご負担の少ないタイミングで進められるようにしましょう。

目次

    四十九日とは。

    なんのこと?

    故人の魂が旅立つ法要のこと

    四十九日とは、故人様が亡くなられてから49日が経った際に行う法要のことです。近しい親族が亡くなった際、忌中といった喪に服す期間がありますが、四十九日法要はこの忌中の期間中で一番重要な儀式です。近しい方が亡くなってしまった場合、慌ただしくお葬式の準備が始まります。そしてそのお葬式が終わった後、次に準備するのがこの四十九日です。亡くなった際、その人の魂が49日間こちらの世界をさまようとされており、四十九日法要を行う事でしっかりと成仏いただけるという仏教の考えの元、行っている事が多い儀式です。

    四十九日前に遺品整理を行うメリット

    早い方がいいのかな?

    判断に迷う遺品の判断を親族に相談しやすい

    四十九日法要の前に遺品整理を行うメリットとして挙げられるのは、遺品整理をする際に悩む遺品の判断方法を親族の方に相談しやすい点が挙げられます。遺品整理は、故人様の生前使用されてきたお品物を、ご遺族様の判断で整理していく事になるため、要・不要の判断をしつつ処理してい必要があります。明らかにご不要な遺品に関しては悩むこともなく処分することができますが、生前大切にされてきたことを知っているお品物や、高価そうなお品物などを見た際に、どう処理したらいいかと悩むタイミングが多くあります。遺品整理を行っているタイミングが、多くの親族の方が集まる機会である四十九日法要の前であれば、その悩んでいる遺品をどうしていくかをみんなで検討する事ができます。電話では中々聞きにくい事でも、法要の際に直接会って話すことができれば相談も行いやすいですよね。

    親族へ形見を渡しやすい

    多くの方が集まる機会である四十九日法要。その前に遺品整理を行う事で、親族の方々に形見を渡しやすくなります。ある程度遺品整理を行った状態で法要に集まってくださった方々をお呼びし、故人様の遺品の中から形見にしたいものをご自身たちで選んで行っていただく方法もいいでしょう。故人様が生前大切にされてきたお品物を形見として持っていたいと考える親族の方もいらっしゃることでしょう。せっかく集まれる機会ですし、このタイミングに合わせて遺品整理を進めておくこともいいでしょう。

    四十九日前に遺品整理を行う際の注意点

    なにか気を付ける事はあるかな?

    心無い人間だと思われてしまう可能性がある

    遺品整理は一般的に、相続を受ける方を中心に行う事が多いです。そのため近しい方の死を直近で経験した方が、すぐに遺品整理を行ったときくことで、その故人様に対して不謹慎ではないかと考える方がいる可能性があります。その人の考えとして、悲しみのあまり気持ちの整理がつかず遺品整理に手が付けられないといったようなイメージを強く持たれている場合、このように心無い人間だと思われてしまうかもしれません。ですが、人には状況があり、四十九日法要の前に遺品整理をおこなう事へのメリットを重要と考える方もいれば、気持ちの整理云々の前に早急に遺品整理をおこなわなければいけない方だっています。いずれは行わなければいけない遺品整理です。整理するご遺族様のタイミングで進めてしまって問題ないものと考えます。

    遺品整理を行うタイミングは人それぞれ

    気持ちに正直で大丈夫。

    遺品整理は、整理をする人の想いやタイミングで、いつ始めてもいいものです。病院や施設で最期の時を迎えられた故人様の遺品整理であれば、お葬式と並行して遺品整理をしなければいけないケースもあります。賃貸でお住まいになられていた場合、早く遺品整理をおこない退去しなければ毎月の賃貸費用がずっと発生してしまいます。逆に、気持ちの面を大切にし、ずっと何年も遺品整理をおこなわないといった方もいらっしゃいます。どれも正解で、どれも正しいのです。遺品整理を行おうと思ったタイミングで進めていけば問題ありません。四十九日の法要前に遺品整理を行う事で、親族の方たちと顔を合わせる良きタイミングと考え前もって進める事も重要だと思います。故人様も心残りなくあの世へ旅立てる良きターニングポイントだとも考えます。遺品整理を行う際は、行う方のお気持ちを大切に進めていけばいいと思います。また、急いで整理をしなければいけない場合に心苦しくなってしまう場合は遺品整理業者を頼るのも一つの方法です。無理なく進めるために最善の方法を検討してみてはいかがでしょうか。

    ----------------------------------------------------------------------
    遺品整理の断捨離屋
    住所 : 埼玉県戸田市新曽南2-5-6 205
    電話番号 : 090-6526-8777


    ----------------------------------------------------------------------

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。