FORWINEEDS株式会社

どうする遺品整理!ご自身で行う際のコツを解説!

メールでお問合せ LINEでお問合せ

どうする遺品整理!ご自身で行う際のコツを解説!

どうする遺品整理!ご自身で行う際のコツを解説!

2024/03/25

こんにちは!遺品整理の断捨離屋です。遺品整理をご自身たちで行う事に決めた際、「さあ・・・なにから始めたらいいんだろう!?」という状況に陥ってしまう事は良くあります。さいたま市を中心に遺品整理を行わせて頂いている弊社が、今回はプロの視点から遺品整理を行う際のコツについてご紹介させて頂きます。コツを理解してスムーズな遺品整理を行いましょう!

目次

    遺品整理をご自身で行う理由

    メリットがあるの?

    費用を最小限に抑え、
    心の整理と共に片付けられる

    遺品整理を業者に依頼するのではなく、ご自身たちで行う事のメリットとしては、遺品整理にかかる費用を最小限に抑える事ができ、遺品整理と共に心の整理も行う事ができる点でしょうか。遺品整理業者に依頼を行うと、すべてを代行して行ってくれる分、費用が掛かってしまうものです。その点ご自身たちで行うともなれば、ご自身たちの都合のいいタイミングにコツコツ行っていき、処分方法なども一番価格帯を抑えた方法で依頼する事もできます。ご都合を自分たちで調整しなければいけない点もありますが、費用を抑えるのであれば確実に自分たちで遺品整理を行う事が安く上がる秘訣です。

    遺品整理に必要なアイテム

    何を準備しよう?

    ごみ袋と段ボール

    遺品整理で仕分けを行った際、不要になったものをまとめておく用のゴミ袋と段ボールを準備しておきましょう。ゴミは、そのままゴミの日に出してしまえるように、可燃ごみ・不燃ごみといったように種類ごとに仕分けを行うといいので、それぞれのゴミ袋を準備しましょう。段ボールには、一旦保管を行いたいものや、買取査定に持って行きたいものを一時的に入れて置ける為便利です。

    汚れてもいい洋服で、
    軍手やマスクも準備しましょう。

    遺品整理を行う際は、汚れてしまっても問題ない服装で行うようにしましょう。また、汚れやホコリが伴う場合もありますので、状況に応じて軍手やマスクも着用すると良いでしょう。相当汚い状態の遺品整理の場合は靴や靴下も必要ですし、手を洗ったりする際のタオルも準備しておくといいでしょう。

    遺品整理前に決める事

    先にルールを決めよう!

    親族に遺品整理の意向を確認する

    遺品整理を行うにあたって、他のご遺族様のご意向を事前に確認しておくようにしましょう。遺品整理を代表して行う場合、その人の一存で全てを処理してしまってもいいのか、なにか特別に残して欲しいものはないかを確認しておくことで、遺品整理が完了した際に認識相違等でトラブルになることを防ぐ事ができます。また、遺品整理後にその家をどうするのかという部分までしっかりと話し合っておけるといいでしょう。賃貸であれば早めに解約となるでしょうが、一軒家の場合であれば選択肢は様々です。どなたかが引き継いで住まわれるのか、解体して更地にさせるのか、売却を検討するのかによって、遺品整理時にどの程度まで片付けなければいけないかが変わります。解体が決まっているのであれば、木製の棚などを処分する手間が省ける可能性もあります。はたまた売却するのであれば遺品を整理するだけではなく、ハウスクリーニングを行った方がよかったり、部分的にリフォームが必要になるかも知れません。そういった状況によって対応内容が変わるため、事前に相続人様同士で共有しておくといいでしょう。

    いつまでに終わらせるか決める

    遺品整理をいつまでに終わらせるのか、という日程を決めておくといいでしょう。ご自身たちで期日を決めずに遺品整理を始めてしまうと、だらだらと進めてしまいがちで一向に進まないといった現象が起きます。もともと遺品整理に期限がないのであればなおさら、ざっくりと期間を設けてみましょう。最後が決まると必然的に遺品整理の段取りが明確になり、スムーズに手配・処分を行う事ができるでしょう。

    残すものの基準を決めておく

    遺品整理で発見するお品物で、残しておくものの基準を決めておくことも重要です。貴重品はもちろんですが、故人様の所有物でどの範囲を残すかというルールを設けるといいです。普段特に大切にされていたお品物以外は全て買取なり処分なりにするというようなルールを設ける事で、遺品整理の仕分けの際に悩む時間を最小限に抑えることができます。

    遺品整理は始める前が大切です。

    どうする?を事前に解消しましょう

    慣れない遺品整理は、事前準備がとても重要と考えます。遺品整理を行うことへの認識のずれがないかをご遺族様方でまずは話し合いましょう。その上で無駄のない遺品整理ができるように工夫して取り組みましょう。故人様といえど、人のモノを判断し処分しなければいけない遺品整理は、その遺品をどうするという判断を行う時に一番時間を要します。ですので、あらかじめどのモノを残すのかというルールを決めておく事で悩む時間を極力短くし、遺品整理を期日通りに完了できるようにするといいですね。

    ----------------------------------------------------------------------
    遺品整理の断捨離屋
    住所 : 埼玉県戸田市新曽南2-5-6 205
    電話番号 : 090-6526-8777


    ----------------------------------------------------------------------

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。