FORWINEEDS株式会社

孤独死や事故死に強い特殊清掃のフルサポート関東 | ご依頼の流れ

メールでお問合せ

ご依頼の流れ

特殊清掃までの流れ

FLOW

可能な限り早く処理を行いたい特殊清掃の現場。お客様の抱える問題に対して無駄のない迅速な流れで的確に作業を施していきます。ここでは最初にお問合せをいただいてから、実際現場の特殊清掃までにかかる期間について詳しく解説してきます。最初のお問合せから最短2日で特殊清掃を施す事が可能です。

目次

    ご依頼までの流れ

    01.電話やメールからお問い合わせ

    特殊清掃についての相談やご依頼を検討されている場合は、まずお気軽にご相談ください。メールでのいお問合せは24時間いつでも受付いたしております。電話でのご相談の場合、対応中のためすぐに出られない可能性もございますが必ず折り返しご連絡をさせていただきます。賃貸物件の管理会社様や、相続財産管理人の方方のご依頼はもちろん、個人の方からのご依頼まで幅広く対応いたします。

    02.現場の状況を詳しくヒアリング

    最初のお電話時に、その特殊清掃が必要なお部屋で起きた事象の詳細を伺わせていただきます。どういった経緯で亡くなってしまったのか、死後どの程度発見されなかったのかという情報を事前に伺っておくことで、この後につながる現地調査や実際の特殊清掃時にどのような段取りで伺う事でスムーズな対応ができるかを検討することができます。

    03.現地調査で詳しく確認

    電話でのヒアリングを行わせていただいたら、次はその現場に現地調査へお伺いさせていただきます。最短当日にてお伺いすることも可能です。日程の調整を行わせていただいた後、その特殊清掃が必要な現場を確認させていただきます。お部屋の細かい部分からニオイ・害虫の有無・体液や血液の進行状況などをプロの視点から確認を行っていきます。作業時間は約〇時間です。

    04.正確な見積もり書を提示

    細かな現地調査を完了したのち、その現場をキレイにするためにかかる費用のお見積りを提示させていただきます。特殊清掃だけでキレイな状態へと戻すことができるのか、内装リフォームを必要とするのかで全く違ってくるため、どこまでの特殊清掃をご希望されているかを事前にお伺いさせていただいております。ここで提示させていただく金額以上に費用発生することはありませんのでご安心ください。

    05.納得いただければご契約

    弊社が提示させていただいたお見積りにてご納得いただくことができたらご契約へと進んでいきます。お見積り提示日に必ずご契約いただかなくてはならないという事はございません。相見積もりなどをとられても構いませんし、一度冷静にご検討されてももちろん大丈夫です。ただし、特殊清掃という環境は、今以上に劣化を進めてしまう事となるため、なるべく早い特殊清掃をオススメいたします。特殊清掃のフルサポート関東がお客様の不安な気持ちを最速で解消いたします!

    費用のお支払いは作業完了後、現場チェックいただいた後にお支払いください。

    現金・お振込み・クレジットカード払いが可能です。


    特殊清掃完了までの流れ

    06.特殊清掃対応日の確認

    ご契約へと進ませていただきましたら、次は実際に特殊清掃に伺うお日にちをすり合わせていきます。最短で翌日から特殊清掃に伺う事が可能です。できるだけ早い問題解決を望まれていらっしゃる方にもしっかりと答えていきます。関東圏を中心に様々な地域の特殊清掃に迅速に対応いたしますのでご安心下さい。

    07.作業当日、現地へ伺います。

    特殊清掃当日、現地へ弊社スタッフがお伺いいたします。回収させていただく遺品をしっかりと積載できるように大型のトラックでお伺いさせていただきます。この時、特殊清掃を行うお部屋の施錠問題さえ事前に解消できるようでしたら特に立ち合いは不要ですのでご安心ください。事前に鍵をお預かりさせていただいたり、該当のお部屋の前にて受け渡しBOXなどで鍵を解除する方法をとることもあります。

    08.まずは消毒・消臭と害虫駆除

    特殊清掃を行う際、まずは徹底した消毒と消臭、合わせて害虫駆除の対応を行います。孤独死や事故死を迎えた方の発見が遅れれば遅れるほど、そのお部屋の状況はどんどん悪化していきます。夏場や、発見までの時間がかかってしまう場合はウジ虫やハエなどといった害虫たちが発生していることもあります。そんな環境になっているお部屋を徹底的に清掃するために欠かせない作業となります。

    09.残されている遺品を撤去(残置物撤去)

    ある程度空間の清掃と害虫駆除が済んだら、今度はそのお部屋に残されている遺品類をどんどん運び出していきます。通常の特殊清掃では、遺品は残置物撤去の扱いとさせていただくため回収後は全てを廃棄処分を行っております。ご依頼者様のご要望として、残置物撤去ではなく遺品として取り扱ってほしいというご依頼内容であればこの時しっかりと遺品整理を行っていきます。思い出のお品や貴重品の捜索、供養やお写真のデジタル化などといった幅広い遺品整理サービスを提供させていただくことも可能です。

    1R~1LDKあたりのお部屋であれば丸1日で全ての遺品を撤去し特殊清掃も完了させられます!

    特殊清掃だけでは取りきれない汚れやニオイがある場合、ここから内装解体→リフォームという流れで原状回復工事を行っていきます。

    10.汚れの部分を解体工事

    特殊清掃で取りきることのできなかった体液や血液といったシミ跡や、ついてしまっている傷や破損などに対してアプローチをしていくために、まずは該当箇所を解体していきます。クロスに汚れや損傷があるならクロスを剥がしていき、床や畳が汚れているならばそこをしっかりと剥がしていきます。剥がしただけっでは汚れが除去しきれていない場合、その柱部分を削っていくなどし徹底した汚れ除去を行っていきます。

    11.解体工事部分へ、リフォーム施工

    解体工事が終わったら、その剥がしていった部分に対してリフォーム施工を施していきます。丸っと全てを取り換える場合でも、汚れの強い一か所をピンポイントで施工することも可能です。これら解体工事→内装工事を行う事で、そのお部屋の原状回復に努めます。

    12.作業完了、ご確認およびお支払いへ

    全てのご依頼内容が完了したら、ご依頼者様へのご報告を行っていきます。ご確認いただいた後気になる箇所などなければこのままお支払いへと進んでいきます。ここまで、大規模原状回復がなければ最初のご相談から3日程度で原状回復までが完了できます。

    ニオイが特につよい場合は、日数をかけてオゾン脱臭や消毒を繰り返します。

    1日目に行う消臭だけでニオイを完全に取りきる事ができなかった場合は、日数をかけて丁寧に消臭作業を繰り返していきます。オゾン脱臭や消毒を繰り返す事で無臭の状態へと導きます。また、そのニオイの原因が空間ではなく床やクロスにしみ込んでしまっている場合は、その一部を解体工事しリフォームをすることで空間の原状回復にも努めます。

    原状回復は賃貸会社によって決まりがある場合はあります。

    賃貸管理物件の場合の原状回復は、その管理会社様との詳細を確認する必要があります。賃貸会社によっては使用するクロスや床材に規定の商品があることがあるため、原状回復時にご不安がある場合はご相談ください。また、解体工事までのご依頼を受ける事も可能です。

    特殊清掃に特化

    現場ごとの状況に合わせて的確に対応

    特殊清掃のご依頼をいただいた際、こちらの流れに沿って現場対応を行いますが、それぞれの状況によって対応方法も変わってきます。一番最短で且つ確実にキレイにできる方法をご提案させていただきますのでご安心ください。また、よくお客様から受ける質問を以下のページにまとめておりますのでこちらもご参考ください。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。