FORWINEEDS株式会社

遺品整理で美術品や骨董品のようなモノが出てきた時の対処法について

メールでお問合せ LINEでお問合せ

遺品整理で美術品や骨董品のようなモノが出てきた時の対処法について

遺品整理で美術品や骨董品のようなモノが出てきた時の対処法について

2024/02/23

こんにちは!遺品整理の断捨離屋です。

遺品整理を行っていくと、どう判断したらいいかと悩むお品物に出くわすことは多々あります。今回は美術品や骨董品という高価なお品物の可能性がある遺品の整理方法について詳しく解説していきます。

 

■まずはしっかりと鑑定してもらう事!

遺品整理で美術品や骨董品が出てきた場合、しっかりとした鑑定士に鑑定をしてもらいましょう。この品物が本当に価値のあるものなのかどうかを査定してもらう事で、おおよその金額感を把握でき、このまま相続するか売却するかを判断する事ができるでしょう。また、美術品や骨董品の中には偽物が紛れている事もあります。そういったモノを間違って相続しないようにも、この鑑定はとても重要な作業の一つになります。

 

■遺産として相続するには注意が必要なケースも!

遺産相続を受ける際、相続税という税金を納めなければいけません。相続税は『3,000万円+(600万円×法廷相続人の数)』で計算されるのですが、その金額よりも美術品・骨董品の価値が高かった場合、相続税の支払い対象になる可能性があることを理解しましょう。

 

■もし相続しないなら市や公営の美術館などに寄付という方法も!

上記鑑定を行った上で相当な価値のある美術品・骨董品であった場合、うかつに相続してしまう事で莫大な相続税を支払わなくてはいけなくなってしまう可能性があります。そういった場合、相続税を払うために美術品・骨董品をやむなく売却せざるを得ないケースもあるでしょう。そういった場合、その美術品・骨董品を市や公営の美術館などに寄付を行う方法はいかがでしょうか?すでに価値がしっかりとわかっている美術品・骨董品であれば公営の方へ寄付をする事で相続財産に含まれないという特例に対象となるケースがあります。

 

どれだけ近しい親族の方の遺品整理であったとしても、いざ遺品整理をする際には「こんなモノを持っていたのか!」と驚くお品に出くわすケースは多々あります。どんなお品物にも対処法をしっかりと把握し、適切に処理したいですね。

 

◇さいたま市の遺品整理は遺品整理の断捨離屋まで◇

弊社は遺品整理や生前整理をはじめとしたお荷物の整理をお手伝いさせて頂いております。様々な状況に柔軟に対応いたしますので、今業者に依頼をご検討されている方、ご自身での遺品整理が困難な方はぜひ一度ご相談下さい。

----------------------------------------------------------------------
遺品整理の断捨離屋
住所 : 埼玉県戸田市新曽南2-5-6 205
電話番号 : 090-6526-8777


----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。