FORWINEEDS株式会社

実家じまい

メールでお問合せ LINEでお問合せ

実家じまいの大切さ|遺品整理と合わせて問題点や流れを徹底解説

実家じまいの大切さ|遺品整理と合わせて問題点や流れを徹底解説

2024/02/25

こんにちは!遺品整理の断捨離屋です。皆さま、ご自身のご実家はまだありますか?ご両親ともにお亡くなりになられたまま、実家をそのまま放置している状態ではありませんか?実はこういったケースは多くあるのです。中々大変なこの実家じまい。先のばしにしてきてしまっているかも知れませんが、必ずいつかはやらなくてはいけません。今回は実家じまいにおける問題点や流れを遺品整理と合わせて解説していきます。

目次

    実家じまいって?

    どういう意味?

    実家を片付けて、処分する事

    実家じまいとは、ご自身の実家の全てを片付けて処分するまでのことを指します。実家じまいを行う理由には以下で触れていきますが、結論、相続されていたとしてもその方の元から手放す事を言います。多くの場合両親が住まわれ所有されていたお家で、すでに誰も住んでおらず、そのお家を相続している方が実家じまいに直面します。そのため、お子さんに当たる方たちによって実家じまいは進みます。自身が小さいころ住んでいたという記憶があるため、物量が多く面倒である場合や金銭的負担が大きいからと言った理由に加え、精神的に重たくなることから実家じまいを先延ばしにしてしまう理由にも繋がります。

    家じまいはご自身で家を処分する事

    実家じまいという言葉によく似た「家じまい」との違いはご存知ですか?実家じまいは両親の家をお子様にて片付け処分することを指しますが、家じまいはそこに住んでいる・または所有している本人が片付け処分をする事を言います。ご両親がご高齢になり、施設入居の際などに生前整理の一環としてお家を片付け手放すといった流れであれば家じまいという言葉が正しいです。この場合処分するすべての物はご自身の物であるため判断もつきやすく、処分はスムーズに行いやすいというメリットがあります。

    実家じまいをするきっかけ

    どういう時に起こるの?

    その実家に住む人がいなくなった時

    実家じまいをしようとするきっかけの一つがこの「住む人がいなくなった」状態。ご両親ともに施設に入居してしまったきり退院の見込みがない状態である時や、すでに他界してしまっている場合が含まれます。また、ご両親の他界後、お子さんがそのまま引き継ぎ住まわれていたが、ご結婚やお仕事の都合などでその家を出なければいけなくなった場合も実家じまいに当たります。今の時代多くの家庭が核家族化している為、中々ご両親と同居をしているというケースは多くないでしょう。ご両親ともに無くなってしまった際、一旦相続として名義上実家を受け継ぐといった方法を取りがちですが、その後具体的に実家じまいを進めていかなくてはなりません。

    その土地に新たにお家を建てたい時

    ご両親ともにお亡くなりになられてしまった後、相続されたお子様が、その土地に新たにお家を建てたいといった場合も、一旦そこにあるお家を取り壊さなければならない為実家じまいからスタートする必要があります。取り壊しメインであるためある程度不要な物は家の中に置いたまま解体工事を依頼する事ができる為、売却目的での実家じまいよりもスムーズに進みます。

    維持費が高額な為

    誰も住んでいないとしても一旦実家を相続した場合、維持費がかかり続けるという事はご存知ですか?ご自身がそこに住んでいないからといって、税金や維持費が免除されることはありません。一軒家の場合多くは固定資産税と都市計画税という税金がかかり続けます。都市計画税は、そのお家の地域によってかからないケースもありますが、固定資産税に関しては土地・建物ともに発生する義務です。また家が建っている事でこういった税金は「住宅用地の特例」というルールに基づき安い支払いで設定がされているため、家だけを解体し土地だけにしてしまう事によって支払う税金が高くなります。そのため空き家の状態で置いておいた方が安く済むかと思いきや、その実家が特定空き家という判断を受けてしまうと固定資産税が6倍にもなってしまうのです。

    【特定空き家の対象条件】

    • 倒壊の心配があり、保安上危険であると判断された場合
    • 衛生上有害となる恐れがある場合
    • 適切な管理が行われていない事により著しく景観を損なっている場合
    • 周辺の生活環境の保全を図るために放置する事が不適切である場合

    参考:国土交通省 平成27年施行「空き家等対策の推進に関する特別措置法」

    固定資産税や都市計画税といった税金は払えたとしても、一軒家は何かとメンテナンスがかかるものです。人が住まない事で急速に劣化が進むお家は定期的に点検が必要になります。これを疎かにしてしまう事で自然災害時に実家が起因でご近所の方に迷惑をかけてしまいトラブルに発展する事になってしまいます。住んでもいないのに永久的に税金やメンテナンス費用をかけ続ける事・・・どう思いますか?

    実家じまいのポイント!

    これ知ってる?

    税金の特別控除の対象になる可能性があります。

    そこに住む人がいなくなってから3年以内に売却をすれば、税金の特別控除が受けられます。そのお家の売却価格から最高で3,000万円までの控除が受けられる場合があります。そのため、実家に戻られるご予定がない場合は早々に実家じまいをオススメします。

    実家じまいが大変な理由

    どこが大変なの?

    実家内全ての遺品整理から開始

    実家じまいは、全てを片付けて・処分する事を指すため、まずはお家の中の残っている遺品を全て片付ける作業から始まります。遺品整理同様、残すもの・処分するものと仕分け作業を行って各所ルールに基づき処分を進める必要があります。これが一番大変な作業と言っても過言ではありません。そもそもがご自身たちの物ではなく遺品整理となるため、捨ててしまってもいいのか判断を付けにくいお品物がたくさんあるでしょう。また大型の家具や家電が残っている場合は、それぞれ粗大ごみなどで処分する必要があり、各所に依頼の連絡を行ったりと手配をする必要があります。部屋数が多ければ多い程、残っている遺品の量も多い事でしょう。それらを全て片付けていく作業に時間を取る事が難しく、中々実家じまいを進められないという現状があるのではないでしょうか。

    業者へ頼むことでお金がかかる点

    上記で説明した通り、ご自身たちである程度遺品整理を進めて行けたとしても、特別な不用品の処分に対して少なからず処分費用が掛かります。また、時間が取れないからと、遺品整理業者や不用品回収業者に依頼をすることで本来いらなかった費用を支払わなければならない事に抵抗を持たれる方もいらっしゃいます。

    ご自身で行うには時間や手間がかかりすぎる点

    業者に頼むには金銭面的に折り合いが付かないからと、ご自身で遺品整理を行う場合、時間と手間がかかりすぎてしまうでしょう。曜日問わず気軽に通える距離であればまだしも、実家じまいをする場所がお住まいの場所から近いとは限りません。たまにしか通う事の出来ない遠方であればあるほどに遺品整理は中々進まず、実家じまいまでの期間も相当かかってしまう可能性があります。

    売りに出せても中々買い手がつかない

    実家じまいはその遺品整理を終えた後、そのお家と土地、もしくは更地の状態で売りに出し、書いてがついてくれる事でようやく終了になります。その際、そのご実家を売りに出したとして、一体どのくらいの期間で買い手が付くでしょうか?築年数が古かったり立地面が良くなかったりすることで中々買い手がつかずいつまでたっても売却できない何てことはよくある事です。本来であれば希望価格でさっと売却したかったにも関わらず、早急に手放したいというご意思からどんどん価格を下げざる追えず、最終的に想定よりも売却金額が減っているケースは大いにありえますので、物件を探している様々な人に見てもらえるよう、できる限り早急に売却対応を進めると良いでしょう。

    思い出のある場所を無くすことへの不安

    実家じまいは、対応をしているお子さんが幼き頃実際に住まわれていた場所を手放すということです。それが故に心が痛み中々手放す決断ができないといったケースもあります。小さいころの思い出やご両親と住まわれた楽しい思い出の数々を手放す。心の整理がついていない状態では実家じまいはストレスになってしまう事もあるため、スムーズに進まない要因の一つになります。

    空き家の状態での問題点

    そのままではいけない理由って?

    維持費が永久的にかかる

    上記でも解説しましたが、空き家であろうがお家を所有している事であらゆる費用が掛かります。固定資産税や都市計画税から始まり、そのお家を状態よく維持させるための維持費がかかります。誰も住んでいないのにお金ばかりを支払う事になるのは、経済的にあまりうれしいものではありませんね。

    管理不足により劣化が進んでしまう点

    どんなお家でも、定期的に空気を入れ替え、水を出し、電気をつけ、などと言った普通の生活であれば行うであろう動作をしなければ自然と劣化が進んでしまいます。室内に湿気が溜まってしまう事で部屋中にカビが発生してしまったり、外壁・屋根といった部分の劣化も通常通り進んでいきます。またお庭などのメンテナンスも行ってしまう事でご近所への迷惑へと繋がってしまう恐れがありますね。

    思わぬトラブルを招いてしまう点

    空き家の危険性をご存知ですか?やはり日々人が住んでいない分、メンテナンスの頻度などもおろそかになりがちな為、劣化している事に気が付く事が遅れてしまいます。それによって自然災害時にお家の屋根が飛ばされてしまったり、地震の際に倒壊してしまう危険性を高めます。その実家だけで被害がとどまればいいですが、飛んで行った屋根がよそのお家に危害を加えたら?地震で倒壊した際にご近所の方を巻き込んでしまったら?取返しのつかない状況に陥ってしまいますよね。さらに空き家は劣化の危険性だけではなく、安全性から見ても大変危険なものです。不審者に浸入されて住まわれてしまったらどうでしょう。また、空き家を拠点にし危険な事件に発展してしまったらどうしますか?どう転んでも良かった事には繋がりませんよね。様々なトラブルからご実家の名誉とご自身たちの安全を守るためにも早急に実家じまいは必要だと考えます。

    実家じまいの流れ

    どうやって進めていくの?

    誰がメインで実家じまいを進めるかを決める

    実家じまいは実家をたたむことになるため、まずはお子さまに当たる全ての方の意見を聞いてから進めていくといいでしょう。ご兄弟がいる場合はまず実家じまいを検討している事を伝え、誰がメインで進めていくか、そもそも実家じまいに賛成してくれるかといった内容を固めていきます。

    最終的にどうするかの意思を固める

    上記で実家じまいの対応を進める方向性で決まったら、次は最終的にこの実家をどうするかを決めていきます。更地にしたらどなたかが相続しそこに家を建てて住まわれるのか、お家ごと売却に出してしまうかといった内容です。ご兄弟といえど様々な考えをそれぞれが持っている為、あくまで柔軟にいろんな状態を検討して決定できるといいでしょう。無理やり一人の意見で進めてしまってトラブルに発展することは避けたいですね。

    売却目的であれば不動産業者を探す

    ご兄弟での話し合いの元、最終的に売却をする事となれば、早めに不動産業者に依頼を行いましょう。売却は、売りに出したからと言ってすぐに買い手がつくとは限りません。何年もかかる事もありますし、何年経っても売れない可能性だってあります。買い手がつかない限りそこにかかる固定資産税などの税金は所有者であるご依頼者様が変わらず払い続けなければいけない為、できるだけ早く不動産業者に依頼をし掲載してもらいましょう。

    家の中の遺品整理を行う

    方向性が決まったら、実家じまいのために遺品整理を進めていきましょう。実家に残っている全ての遺品を処分する必要があります。ただし、更地に戻す予定で取り壊しが決定している場合は解体業者によっては大型の家具などの木製で出来ているものはそのまま取り壊しが可能なケースがあります。遺品整理はその遺品の量によって進み方の時間は様々です。すでにある程度片付いている場合は難なく終える事ができるかもしれませんが、住んでいた状態のままの実家であれば遺品整理にはとても時間がかかるものだとお考え下さい。仕分け作業をするだけが遺品整理ではありません。仕分けた後に適切な方法で処分をしなければならず、粗大ごみや不用品回収業者への依頼と言った作業も合わせて必要になります。そういった細々とした対応が難しい方や、遺品整理に時間がさけないと言った場合であれば遺品整理業者に依頼をすると良いでしょう。

    最終的に実家を手放す

    実家が片付いて、更地で引き渡しなのか、そのまま売却できるのかはケースバイケースですが、最終的には実家を手放すことで実家じまいが完了となります。長く思い出の詰まった実家じまい。感慨深い心情にもなりますね。

    実家じまいにかかる期間はそれぞれ

    ケースによって様々です。

    遺品整理業者に片付けを頼んだ場合2~3日

    実家じまいに当たりお家の中に残る遺品整理を遺品整理業者へ依頼された場合、もちろん遺品の量によって異なりますが、一軒家の通常の生活用品であれば2~3日で整理が完了します。遺品整理業者が一般廃棄物収集運搬業許可を持っていれば遺品整理後そのままスムーズに不用品を回収して適切に処分をしてくれる為手間いらずです。

    解体し更地にする場合1~2週間

    実家の中の遺品整理が完了してから更地にするために解体工事を依頼する場合、多くの場合は依頼から1~2週間かけて完全な更地へと進んでいきます。解体が前提の場合、遺品整理の際に木製でできたような家具(タンスやベット)は室内にそのままでも解体をしてくれる業者もいますので事前に確認を行うと良いでしょう。

    売却するまでの期間はやってみないとわからない

    お家のままで売却する場合も更地で売却するにも、売却までにかかる期間は、出してみないとわかりません。こればっかりはいつ誰がその場所を気に入って買ってくれるかといったご縁に近いものの為、期間を定める事は難しいです。お家のままで売却をし、中々買い手がつかないことから更地にしたことで買い手が付いたり、更地でも売れず何年もそのままで、孫にあたる方々がご結婚を機にその土地へ新築を建てる為売却をやめるケースもあります。逆にすごく人気のエリアなどであれば掲載瞬間に売れてしまう可能性もあるので、不動産業者に掲載依頼を行ったら念のため早急に引き渡しができるように段取りを進めていきましょう。

    実家じまいも遺品整理業者へお任せ!

    悩んだら、遺品整理業者にご相談下さいませんか?

    遺品整理の経験が違います!

    弊社のような遺品整理業者では、何年経ってしまっている遺品であろうとももちろん整理させて頂きます。実家じまいでのご相談を受ける際、そのご依頼者様が普段遠方に住まわれているといったケースも多く、立ち合いが難しいといったお声を伺う事もあります。そんな時は鍵だけお借りし、事前に残すものをしっかりとヒアリングしたのち、遺品整理業者のみで整理を進めていく事もできます。遺品整理後にオプションでハウスクリーニングを行う事も可能ですので、今後の売却時にもキレイな状態をご提供できます。

    トータル的にコスパの良い作業を

    遺品整理業者で片付けを行う場合は仕分け時に貴重品や探し物を依頼する事ができたりすることも可能です。そのため何年も前から探していた形見と再会できるケースもありますよ。ご自身で遺品整理を行うために粗大ごみの依頼や不用品回収業者への依頼を行うような手間を考えると、遺品整理業者へ一括で依頼ができる方が、依頼者側のご負担も少なく、トータル的にコスパもよくスムーズな実家じまいが実現できます。

    実家じまいは遺品整理と同様に

    まとめ

    ご実家に住まわれる事が無くなってしまったそのタイミングで、遺品整理と合わせて実家じまいを検討しませんか?思い出の詰まった実家を処分するのは大変辛く感慨深いものではありますが、長く空き家としておいて置く事で金銭面だけではなく様々なリスクが生じます。実家じまいの大切さを理解し、負担の少ない方法で進めて行けるといいですね。もし個人での実家じまいが難しい場合は弊社のような遺品整理業者への依頼もオススメです♪少しでも多くの方がスムーズで安心できる実家じまいを実現できますように。

    ----------------------------------------------------------------------
    遺品整理の断捨離屋
    住所 : 埼玉県戸田市新曽南2-5-6 205
    電話番号 : 090-6526-8777


    ----------------------------------------------------------------------

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。