FORWINEEDS株式会社

原状回復とハウスクリーニングはどう違うの?特殊清掃の現場で必要なのは・・・

メールでお問合せ

原状回復とハウスクリーニングはどう違うの?特殊清掃の現場で必要なのは・・・

原状回復とハウスクリーニングはどう違うの?特殊清掃の現場で必要なのは・・・

2024/06/19

こんにちは!関東圏を中心に事故死や孤独死が発生してしまった現場において迅速に駆け付け解決に導きます特殊清掃のフルサポート関東です!皆様、『原状回復』と『ハウスクリーニング』という言葉を聞いたことはありますか?これらはそれぞれ対応できる内容が全く違うのです。今回はこの2つがどのように違うのか、また、孤独死や事故死を迎えてしまった現場にはどちらで部屋の清掃を進めるべきなのかを解説していきます。

目次

    原状回復とは

    どんな状況で使うのかな?

    一般的な清掃では取れないような状況に対応し、元の状態に戻すこと

    原状回復とは、一般的な清掃では取りきることのできないような状況に対して行う手法で、その室内を元の状態まで戻す事を総称した言い方です。長いこと誰も住まずメンテナンスを全く行われていなかったような家やゴミ屋敷、ペットの多頭飼いを行っている現場に対して行ったり、孤独死や事故死といった遺体現場になってしまったような室内を対応することになります。様々な手法を駆使し、その現場を通常の室内へと戻していく工程のため、対応内容は清掃業だけにとどまりません。

    対応内容は多岐にわたります。

    • ニオイ:その室内に充満してしまっているニオイに対しても清掃することができます。ペットを飼っていると漂ってしまうような糞尿に対する匂いやカビ臭などをはじめ、孤独死や事故死の現場になってしまった室内には死臭や腐敗臭といった強烈なニオイが蔓延してしまいます。そういった状況に対して専門の方法を駆使し消臭・脱臭を行っていきます。
    • 血液や体液といった汚れ:主に孤独死や事故死の現場になると、遺体から発生する血液や体液といった汚れを除去しなければいけなくなります。これらは通常の清掃では取りきることができないため、専用の薬剤などを駆使し対応していくのが原状回復になります。
    • 害虫駆除:ゴミ屋敷や孤独死等の現場には、独特なニオイをかぎつけ集まってくる害虫たちが沸いてしまっている事があります。そういった状況下でも害虫駆除を施す事ができます。
    • 解体やリフォーム:特殊清掃では取りきることができないような強烈な汚れ・破損が発生している場合はその部分を解体し内装リフォームを行う事ができます。

    元の状態まで戻すためにかかる手間によって費用が変わります

    原状回復では様々な手法を使用し、今起きている支障から元の状態へと戻していくことになります。そのため、元に戻すまでにどれだけの工程を挟むかによってかかってくる費用が変わります。ペット臭の消臭程度であれば数万円程度で済みますが、孤独死等の原状回復では何十万という費用が掛かるケースもあります。

    ハウスクリーニングとは

    なにが違うんだろう?

    清掃のプロが専用の洗剤などを使用し居住内の清掃を代行するサービス

    反してハウスクリーニングとは、清掃の知識を豊富に持つプロが居住宅や屋外に対して清掃を代行するサービスのことを言います。あくまで清掃の範囲から脱しないため、一般人が使用する市販の洗剤では取れないような頑固な汚れなどを取ってもらったり、普段面倒でやらないような部分の清掃を依頼したりするものです。

    清掃対応範囲は清掃できる箇所であれば基本どこでも大丈夫

    ハウスクリーニングでできる清掃対応範囲は、室内室外いずれも清掃でカバーできる範囲であれば割と幅広く引き受けてもらえます。水回りや油汚れの発生する箇所や、エアコン清掃などが人気です。時には雑草取りなどの依頼も受けてくれる業者もいますよ。

    依頼する範囲で料金が変わるが、あくまで清掃のため莫大な費用にはならない

    ハウスクリーニングではあくまで清掃を行っていくため、依頼する範囲が広ければ広いほど料金は高くなる傾向にはありますが、原状回復に比べて莫大な料金がかかるといったことはありません。あくまで『清掃』だということを理解しましょう。

    孤独死や事故死の現場に対して依頼するなら原状回復ができる特殊清掃業者に依頼をしましょう。

    孤独死や事故死といった現場を復旧させるために業者を依頼するのであれば、ハウスクリーニングではなく原状回復ができる特殊清掃業者に依頼を行いましょう。やはり料金が格段に安く済むハウスクリーニングでそういった現場を依頼したいと考えてしまう方もいらっしゃいますが、孤独死などの現場では通常では想定されない汚れや状況下になっている為、ハウスクリーニングだけで対処できるものではありません。費用面だけで比較するのではなく、その現場を徹底的に原状回復できる業者に依頼を行いましょう。

    まとめ

    原状回復とハウスクリーニングはやっていく内容が違います。

    原状回復とハウスクリーニングでは、対応できる内容が全く違う事がお分かりいただけたのではないでしょうか。日頃生活している中で気になる箇所の清掃を依頼する場合はハウスクリーニング、孤独死や事故死など、一般的な清掃では太刀打ちできないような状況下であれば原状回復を行ってくれる業者に依頼を行いましょう。

    ----------------------------------------------------------------------
    特殊清掃のフルサポート関東
    住所 : 埼玉県戸田市笹目5-16-3 シティハイツ101
    電話番号 : 080-3008-0980


    ----------------------------------------------------------------------

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。