FORWINEEDS株式会社

孤独死の原状回復には費用や日数はどのくらいかかる?状況によって様々です。

メールでお問合せ

孤独死の原状回復には費用や日数はどのくらいかかる?状況によって様々です。

孤独死の原状回復には費用や日数はどのくらいかかる?状況によって様々です。

2024/06/18

こんにちは!関東圏を中心に事故死や孤独死が発生してしまった現場において迅速に駆け付け解決に導きます特殊清掃のフルサポート関東です!皆様、身内の方が亡くなってしまった場合、残された遺族の方々でその方の死去後の対応を進めていく事になりますね。相続を受ける方が中心となって様々な段取りや申請を行っていきますが、当然その孤独死が発生してしまった現場の清掃や片づけもやらなければいけない事の一つに当たります。今回はそんな現場の原状回復にかかる費用や日数について解説をしていきます。その現場ごとにどのくらいかかるかは変動してきますのであくまで参考程度にはなってしまいますが、ぜひご一読ください。

目次

    原状回復の費用および日数

    どのくらいかかるのでしょうか

    1Kの場合は20万~、2~3日で完了

    1Kの一人暮らしのリビング内で孤独死を迎えてしまった場合、費用は20万前後で原状回復を行っていくこととなるでしょう。概ね2~3日以内に完了することが多いですが、その遺体の腐敗状況によって費用も日数も変動します。基本的に特殊清掃が必要なエリが狭いため作業員も少数で対応できる事から広いお部屋のケースよりも費用は安くなる傾向にあります。

    2LDKの場合は40万~、3~4日で完了

    反して2LDKという比較的大きめな室内で孤独死が発生してしまった場合は、費用は40万程度かかると思っておきましょう。孤独死の現場になった一室のみの清掃で原状回復が叶う場合はもう少し安くなる可能性はありますが、害虫や死臭が発生してしまっている場合は遺体現場の室内だけでは原状回復は完了しません。すべての室内を行う事になるため、やはり費用は高くなっていきます。作業にかかる日数はおおむね3~4日程度で完了するでしょう。

    お風呂場での場合は30万~、2~3日で完了

    遺体発見現場がお風呂場、特に浴室内であった場合は30万程度かかってくるでしょう。ある意味、一番大変で手間のかかる場所がお風呂場です。浴室に浸かった状態で遺体発見が遅れてしまう事で特殊清掃がとても大変になるのです。範囲が狭い分費用も安くなるかと思いきや、かかる手間が相当なため、このくらいの金額感を想定しておきましょう。作業日数は概ね2~3日で完了します。

    費用や日数を変動させる要因

    なにがかかわっているのでしょうか。

    孤独死の遺体発見までにかかる期間

    孤独死が発生してしまった現場、なにがそんなに厄介にさせるかといえばもうこれにつきます。その遺体の発見までにかかる期間です。人間は心臓が止まってしまったのち、1時間もたたない頃から徐々に腐敗が進んでいきます。体内の臓器である胃や腸といった消化器系から徐々に腐敗が進み、体内で耐え切れなくなったタイミングから腐敗臭や腐敗汁といった体液が徐々に体からにじみ出てしまいます。これらが進行する事でその室内はどんどん体液や腐敗臭で汚れていってしまいます。また、その腐敗臭をかぎつけてハエやウジ虫が沸きだします。その後、その死臭はどんどんと強烈化し、室内を特殊清掃だけでは困難な状況へと進行させていくのです。このため、遺体の発見時、遺体がどの程度腐敗してしまっているかによって、原状回復にかかる期間が変動するのです。孤独死直後に運よく発見された場合、死因にもよりますが血液や体液の浸透はほとんど軽いもので、その遺体現場の特殊清掃を施す程度で済むところ、発見が遅れるごとに害虫駆除やニオイに対する処置を施さなければならなくなり、特殊清掃では取りきれない部分へのリフォームが必要になってきます。

    孤独死の現場発見場所によって変動

    原状回復にかかる費用と日数を変動させる要因のもう一つには、その遺体現場の場所が関係してきます。孤独死は何もリビングや寝室といった室内だけで起きるわけではありません。トイレなどの個室の場合や、お風呂といった厄介な場所まで、どこにでも孤独死の危険は潜んでいます。トイレでの孤独死の場合、その個室内で遺体の腐敗がとどまっている状況であればトイレを中心に原状回復を施す事になりますが、お風呂場での孤独死の場合は特に大変な作業となります。浴室で入浴中の場合、遺体が使っていた水から清掃を進めていくこととなります。この時、体液などが混ざっている浴槽の水をそのまま流すことができないため、全てくみ取っていく作業となるため、本当に苦労する作業となってしまうのです。こういったように、孤独死が発生する現場によってかかる手間が変わることから、費用と日数も変動してきます。

    まとめ

    原状回復にどのくらいかかるかはその現場次第です。

    原状回復にどのくらいかかるのかは、孤独死が発生してしまった現場と、遺体発見までにかかった日数が大きく関係してきます。遺体の腐敗状況によって原状回復にかかる手間が増えれば増えるほど、費用と日数がかかるものだと考えましょう。そのため、できるだけ孤独死を早期発見できるような体勢作りと共に、遺体が発見されてしまった場合はいかに早急に特殊清掃依頼を行えるかどうかが重要になってきます。

    ----------------------------------------------------------------------
    特殊清掃のフルサポート関東
    住所 : 埼玉県戸田市笹目5-16-3 シティハイツ101
    電話番号 : 080-3008-0980


    ----------------------------------------------------------------------

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。