FORWINEEDS株式会社

遺品整理で出てきたパスポートはどうすればいいの?対処法を解説します。

メールでお問合せ LINEでお問合せ

遺品整理で出てきたパスポートはどうすればいいの?対処法を解説します。

遺品整理で出てきたパスポートはどうすればいいの?対処法を解説します。

2024/02/10

こんにちは!遺品整理の断捨離屋です。

遺品整理、ご自身で行ったことはございますか?中々やる機会も少ない遺品整理であるがゆえに、整理していて発見するお品物の処理方法にお困りになる方はたくさんいらっしゃいます。

今回はそんなお困りのお品物の一つである『パスポート』について対処法を詳しく解説していきますね。

 

≪遺品整理中に出てきたパスポートの対処法≫

◇有効期限が切れていないパスポートは旅券課(パスポートセンター)へ返却を。

身分証明書の一つとして利用できるパスポート。これらは運転免許証と同じく、お亡くなりになられてしまった方のパスポートは返却をする必要があります。

もともとパスポートには運転免許証と同様にそれごとに有効期限が付いているので、有効期限が過ぎてしまえば返却せずとも破棄できるのでは?とお考えになる方も多いかと思います。

ですが、パスポートには身分証明書に成り代わるまでの個人情報が入っている証明書の為、万が一誰か他者へ渡ってしまった際に思わぬトラブルに繋がってしまう可能性があります。

ですので、有効期限切れを待つのではなく、なるべく早めに旅券課やお近くのパスポートセンターへ返却しに伺いましょう。

パスポート返却に際し、故人様が亡くなっているとわかる書類を持って行く必要があるので、詳細は伺う前にお近くにパスポートセンターに電話で問い合わせると良いでしょう。

また、お住まいの地域によっては市役所の窓口でも返却対応が可能な場合があるので一度問い合わせてみるといいでしょう。

 

◇有効期限が切れているパスポートも同様に旅券課へ返却を。

遺品整理を行ったタイミングですでにパスポートの有効期限が切れている場合でも、万が一のトラブル回避のためにパスポートセンターへ返却をオススメします。

間違っても勝手にゴミなどで処分しないようにしましょう。

パスポートはそもそも国の所有物であると言う事をご存知でしたか?

そのため使わないからと言って処分する事は違反に値します。

有効期限切れのパスポート、時間をみてしっかりと返却処理に伺うといいでしょう。

 

◇おまけ◇故人様のパスポートを形見として持っていたい場合は無効化処理をお願いしよう!

顔写真の付いているパスポート。故人様の形見として持っていたいと思うご遺族の方は、パスポートセンターへ返却時同様伺い、形見として持っていたい旨を説明してみましょう。

パスポートセンターでは無効化処理といって、返却しなくてはいけないパスポートを保有し続ける事を希望する場合は消印を受けることで返却しなくてもいいという決まりがあります。

無効化処理を行ってもらう事で安全に形見として保有しておくことができるので、返却したくない場合でも一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

貴重品だということはわかるものの、実際どう処理したらいいかを悩んでしまうパスポート。国の所有物であるということを念頭に置くと、返却しなくてはいけない理由も分かりますね。

有効期限が切れているからと言ってむやみに捨てるのではなく、時間を見て適切に返却しましょう。

 

【遺品整理でお悩みのお客様、一度ご相談下さいませんか?】

遺品整理の断捨離屋では遺品整理のプロとして、さいたま市を中心に近隣のエリアで遺品整理を承っております。遺品整理を行うお品物の量が多ければ多い程、個人で行う事は難しくなってきませんか?また、賃貸などの契約上、早急に遺品整理が必要な場合などもなんなりとご相談下さい。できる限りで最短にて遺品整理にお伺いいたします。どんな状態の遺品整理でも問題御座いません。お気軽にまずはご相談下さい!

----------------------------------------------------------------------
遺品整理の断捨離屋
住所 : 埼玉県戸田市新曽南2-5-6 205
電話番号 : 090-6526-8777


----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。