FORWINEEDS株式会社

遺品整理は憂うつ・・・そんなお気持ちと向き合うアドバイス

メールでお問合せ LINEでお問合せ

遺品整理は憂うつ・・・そんなお気持ちと向き合うアドバイス

遺品整理は憂うつ・・・そんなお気持ちと向き合うアドバイス

2024/03/11

こんにちは!遺品整理の断捨離屋です。遺品整理を行う際、気持ちがどうしても憂うつで前向きになれず全く進んでいかない・・・なんて事はありませんか?遺品整理をご自身で行う方の多くは、少なからずこのようなお気持ちと向き合あうタイミングがあります。今回はその憂うつなお気持ちの対応方法についてプロの目線からアドバイスを行わせてください。少しでも原理を知って、心軽く遺品整理を行えるように参考にしていただけると嬉しいです。

目次

    遺品整理が憂うつな理由

    なんで気分が乗らないの?

    故人様への想いが経ちきれないから

    遺品整理と向き合う際、憂うつな気持ちを抱えてしまう方の理由として、故人様への想いが経ちきれない事が考えられます。故人様がお亡くなりになってからまだ日が浅い場合や、生前の関係性によって、またご自身の性格などによって、一概にどれだけの期間を置いたから前向きに遺品整理が行えるという事は言えません。悲しい気持ちが強いままでは遺品整理と向き合う際、どうしても故人様の事を思い出してしまい悲しい気持ちにさいなまれてしまいます。そんな思いから憂うつになってしまうケースがあるでしょう。

    遺品整理の期日が迫ってくるストレスから

    遺品整理を行う際に憂うつになる理由の一つとして、遺品整理を完了させなくてはいけない期日が決まっているケースです。期日が差し迫っている場合は特に追い込まれていくストレスから遺品整理自体が憂うつになってしまうでしょう。病院や老人ホームなどの施設で最期の時を迎えられた方は、多くの場合退去期限が決まっています。その期間内にすべての遺品をまとめて退去しなけらばならず、他の対応と共に平行して行っていく必要があり大変です。また賃貸に住まわれていた場合も遺品整理を行い解約対応を行わなければ無駄に家賃を支払っていかなければいけない点からなるべく早く遺品整理を行わなければと気持ちが流行ってしまいます。そのことからストレスに繋がり憂うつになるのです。

    遺品整理の量が多すぎるから

    遺品整理を行う物量が多く、気がめいってしまうパターンです。遺品整理はそもそも、ご自身のお品ではないものを整理するという点においてそもそも処理方法に悩むものです。残したほうがいいのか処分した方がいいのかと考えながら仕分けをする必要があるのに、その遺品が見るからに多ければ、そもそも遺品整理自体が憂うつになってしまってもおかしくありません。

    遺品整理にかける時間がないから

    遺品整理を行う時間がないために、徐々に負担に感じ憂うつになっていくパターンです。遺品整理を行わなければいけない場所が物理的に遠い場合や、日々の生活を行っていく上で遺品整理に割ける時間が取れない事でどんどん負担に感じてしまうのです。いつかやらなくてはいけないとわかっているために、どんどん憂うつになってしまうのです。

    憂うつな遺品整理と
    向き合う方法

    こう考えてみては?

    遺品整理が憂うつなのは当たり前。

    遺品整理が憂うつに感じる事は当たり前です。生前親しかった方が大切に使われていた遺品を整理するということは、整理する本人の判断で処分をしなければならず、少なからず負担がかかるものです。本当に捨ててしまってもいいのかと悩みながら進めていくために、徐々に憂うつになってしまうものなのです。残されたご遺族の方は、そもそも自身の通常の生活を行っていかなければいけないタイミングでもあることから遺品整理は中々進められないのも当然です。『誰しもが遺品整理は憂うつなのだ』と割り切ってご自身のお気持ちと向き合ってみてはいかがでしょうか。

    期日が決まっていないなら
    少し休むのも大切。

    遺品整理を行う際にどうしても憂うつな気持ちが勝ってしまうのであれば、まずはご自身が一旦お休みするのはどうでしょうか。期日が決まっていない遺品整理であればなおさら、遺品整理をする方の気持ちの整理を優先したらいいのです。心の整理がついていないにも関わらず遺品整理で故人様との思い出に向き合おうとする為に憂うつに拍車がかかってしまっている可能性があります。ご自身のお気持ちに寄り添ってみて、気持ちが少し前向きになったタイミングまで遺品整理は保留してしまってもいいのです。

    差し迫っているストレスなら
    遺品整理業者に頼ってください。

    遺品整理を行わなければいけない期日が差し迫っている事からの憂うつさであれば、遺品整理自体を業者に依頼しませんか?近しいご親族の方は故人様の死後のあらゆる対応を進めていかなくてはならず、遺品整理にまで手が回らないといった事はよくあります。遺品整理であれば我々のような第三者でもお手伝いを行う事が可能です。第三者であるために、故人様の遺品に対し先入観がなく対応に当たれる為、迅速で的確な遺品整理を行うことが可能です。また、遺品整理業者による早めのタイミングでの遺品整理を行うことで、死後に必要な対応で使用するような貴重品などの捜索も併せてお手伝いすることができます。

    ストレスの少ない
    遺品整理の方法を。

    負担の少ない遺品整理

    遺品整理に直面することで気持ちが憂うつになってしまう方へ。まずはご自身がなぜそんなに憂うつになってしまうのかという理由を知るところから始めてみませんか?故人様への想いが募っている場合はまずはご自身が休まれる事が大切です。遺品整理の期日が差し迫っている事での憂うつであれば、優先順位をつけて対応をしたり、時には遺品整理業者を頼ってください。お客様のご要望される範囲によって価格帯も変わってきますので、少しでも楽になるような方法を一緒に考えさせていただきます。

    ----------------------------------------------------------------------
    遺品整理の断捨離屋
    住所 : 埼玉県戸田市新曽南2-5-6 205
    電話番号 : 090-6526-8777


    ----------------------------------------------------------------------

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。