FORWINEEDS株式会社

遺品整理と合わせてハウスクリーニングは必要?同時に行う利点を解説

メールでお問合せ LINEでお問合せ

遺品整理と合わせてハウスクリーニングは必要?同時に行う利点を解説

遺品整理と合わせてハウスクリーニングは必要?同時に行う利点を解説

2024/03/31

こんにちは!遺品整理の断捨離屋です。遺品整理を業者に依頼する際、ハウスクリーニングを合わせて依頼しようかと悩むケースはありませんか?今回はハウスクリーニングを同時に行う利点について解説を行います。ご利用者様の状況に応じて最適な方法を検討してみましょう。

目次

    遺品整理と合わせてハウスクリーニングを行う利点

    メリットがあるの?

    部屋中がプロの技でキレイになる

    故人様が長らく生活してきたお部屋。遺品整理と共にハウスクリーニングを行う事で見違えるほどきれいになります。一般洗剤では限界の汚れにも、ハウスクリーニングのお掃除のプロが使用する洗剤だったら徹底的に洗浄が可能になります。長く住んできたのであればそれだけ頑固な汚れになっていることでしょう。遺品整理と合わせてハウスクリーニングを行う事で、キレイにした状態でけじめをつけやすいでしょう。また、遺品整理業者のオプションでハウスクリーニングを依頼する事ができれば、同日に作業をしてもらえたり、依頼の手間が省けたり、別々で依頼を行うよりも費用を安くしてもらえるなどのメリットもあります。

    しつこい汚れにも対応

    水回りやキッチンには、知らず知らずのうちに頑固な汚れが蓄積されます。一般の清掃では取り切れなかった汚れも、ハウスクリーニングのプロが手掛けると見違えるほどきれいになります。

    部屋内での死去の場合は特殊清掃が必要

    故人様がそのお部屋内で死去されてしまった場合は、ハウスクリーニングというよりは、特殊清掃を行ってくれる業者に清掃の依頼を行いましょう。特殊清掃は、死去された後によく起こるニオイ問題や汚れに特化した清掃を行う事ができますので、状況に応じて依頼先を分けましょう。

    ハウスクリーニングを依頼した方がいい場合

    これは気を付けて!

    賃貸の遺品整理の場合

    ハウスクリーニングを検討しているお部屋が賃貸である場合は、そのままハウスクリーニングを依頼するといいでしょう。遺品整理後、すぐに退去を予定している場合、キレイな状態で退去をしなければいけないルールがある場合があります。賃貸契約によりますが、そうでなくてもある程度は清掃をして退去をしたいものです。遺品整理後即退去を予定している場合、合わせて業者によるハウスクリーニングを行う事でスムーズに行えますのでメリットが高いでしょう。

    売却を予定している場合

    遺品整理後、そのお家を売却する予定の場合にはハウスクリーニングを同時に依頼する事はとてもメリットと言えるでしょう。ハウスクリーニングでは、一般的な清掃では綺麗にすることのできない蓄積された汚れも徹底的に落とすことができます。それだけではなく、普段手が届かず中々作業を行う事のできない天井や換気扇といった箇所までしっかりと掃除をしてくれます。売りに出したとき、所々汚い箇所のあるお家よりもピカピカできれいなお家の方が、興味を持ってくれる確率が大変上がります。売却を検討しているなら必須で依頼してしまった方がいいでしょう。

    状況に合わせて適切に依頼しましょう。

    時にはプロに頼りましょう。

    遺品整理に合わせてハウスクリーニングを行う事のメリットをご紹介いたしました。それぞれの分野の専門がしっかりと対処をする事で、その問題を的確に解決するでしょう。ハウスクリーニングを施して綺麗に見違えたお部屋を、次に使用される方へと届けましょう。

    ----------------------------------------------------------------------
    遺品整理の断捨離屋
    住所 : 埼玉県戸田市新曽南2-5-6 205
    電話番号 : 090-6526-8777


    ----------------------------------------------------------------------

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。